就労移行支援事業

就労移行支援事業ではどんな活動をしているの?

就労を希望するハンディキャップのある方へ

利用希望から就労まで、また企業に就労後の定着まで下記フローチャートに沿った支援を行います。
就労移行支援事業の契約期間は2年間です。その後、必要に応じて1年間の延長が認められる場合があります。
利用料金につきましては、受給者証を取得していただく際に確定いたしますが、
現在利用をされている方については、実費以外の負担金はありません。(H23.05現在)

※ご質問・ご相談は、お電話、またはメールにてご連絡ください。お待ちしております

就労移行支援事業所での訓練活動

就労を目指すうえで必要な基礎作りを行います。

◎まずは今のあなたを知りましょう!

1. サービス管理責任者と面談を行い、「あなたが将来どう生きたいのか」を確認しながら、就労という目標を決めていきましょう
2. その目標を達成するために、必要な体力、理解力、技術力、コミュニケーション能力等を身につけていきましょう。
3. 一人一人に合った個別支援計画を立て、それに沿って活動し、その結果を振り返りながら次のステップへ進んでいきましょう。

◎訓練活動について

・集団生活での協調性やマナー、言葉遣いなどに気をつけながら、個別支援計画に応じた訓練活動を行います。
また平行して、安定した日常生活を送ることが出来るように、生活相談、健康管理、余暇活動の支援も必要に応じて実施いたします。

◎訓練活動の内容

・お店(キスミークイック2008)での接客、商品の製作、カブトムシの飼育、ジャム作り、ダイレクトメールの作成、視察研修、他
・上記の活動を行う中で、体力、理解力、技術力、コミュニケーション能力を高め、また自分自身を見つめ、自分に合った仕事をイメージしていきましょう!

就労移行支援事業所外での訓練活動

就労を目指すうえで必要な基礎作りができると・・・・

◎職場体験実習

実習体験をとおし、就労とはどういうものか疑似体験をしていただきます。その中で、就業生活に慣れていきましょう。

◎求職活動

ハローワークや中小企業団体、求人情報誌、人材登録センターなどを活用し、求人情報を集めます。その中で、あなたと保護者の方と相談
をしながら、あなたとの希望と適性に合った職場を探します。

◎就職前実習

求人情報より就職希望先が決まったら、その企業にお願いをし、就職を前提とした実習を1週間から1ヶ月程度行ったうえで、企業担当者の
方やあなたに意見を十分伺い、今後の方向性を見極めます。

◎就職試験

就職試験内容に応じて、一緒に準備を整えます。

実習に協力していただける企業様を募集いたしております。

職場体験実習などにご協力賜りますようお願い申し上げます。
実習にご協力いただきます企業の皆様には、さるびあ会より障害者就労について詳しくご説明させていただきます。